2010年01月23日

「低下」初めて「上昇」上回る=1年後の物価見通し−12月の消費動向調査(時事通信)

 内閣府が19日発表した昨年12月の消費動向調査によると、1年後に物価が「低下する」とみる一般世帯の割合は前月比11.5ポイント増の31.9%と、上げ幅、水準とも過去最高を記録した。一方、「上昇する」は29.2%とこれまでで最低で、2004年4月の調査開始以来、初めて「低下」が「上昇」を上回った。
 政府が昨年11月20日にデフレ宣言した後、初めての調査で、内閣府は「(宣言が)消費者の意識に反映された可能性がある」とみている。消費者のデフレ心理が広がれば買い控えやさらなる物価下落を引き起こす懸念もあり、デフレ脱却に向けた政府の取り組み強化が求められそうだ。 

【関連ニュース】
デフレへの対応策を調査=各社、利益確保に苦心
デフレ克服、景気回復確実に=2次補正案提出で財政演説
極めて緩和的な金融環境維持=日銀支店長会議で白川総裁
景気「悪くなる」が増加=1年半ぶり、円高で二番底懸念
「不況型倒産」が過去最高=景気低迷、デフレで-09年

5月結論、地元の同意なしも=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
父の忍耐しのぶ=直木賞の白石一文さん(時事通信)
ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)
小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件−埼玉県警(時事通信)
総務相「関係者」発言で重ねて釈明(読売新聞)
posted by タージー at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。