2010年04月27日

「上野の森美術館大賞」に根木悟さん(産経新聞)

 次世代の才能を顕彰助成する「上野の森美術館大賞展」(フジサンケイグループなど主催)の授賞式が東京・上野公園の上野の森美術館で26日、常陸宮殿下ご臨席のもと開催された。同展は、既成概念にとらわれずに優秀な作家を発掘することを目的とした公募展。28回目の今年は1276点の応募があり、325点が入選した。大賞は京都府在住の根木悟さんの作品「TRAVELS #2」。根木さんは「力強く、粗野な感じを盛り込むことに力を入れてきた。(受賞が)頂点とならないよう頑張っていきたい」と話した。展覧会は27日から5月9日まで。

共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」(産経新聞)
エンジンルーム内の可燃物置き忘れで火災72件(レスポンス)
首相「一つの民意」=徳之島の反対集会−普天間移設(時事通信)
「与野党とも癖のある政治家がいない」 石原知事“救国戦線”に期待(産経新聞)
舛添新党との連携、橋下知事が否定(産経新聞)
posted by タージー at 15:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

四国4知事が上限料金制の本四道路割高に反発 民主に要望「全国一律に」(産経新聞)

 徳島、香川、愛媛、高知の四国4県の知事は21日、国土交通省が6月に導入予定の高速道路の上限料金制で、本州四国連絡道路が他の高速道路より割高に設定されていることに対し、全国一律の料金制度に見直すよう求める要望書を、国会内で民主党の生方幸夫副幹事長に提出した。

 飯泉嘉門徳島県知事は「平成の大関所になってしまい産業に大打撃だ。四国だけ移動の権利が害される」、真鍋武紀香川県知事は「料金を高くしすぎると四国が沈んでしまう」などと訴えた。これに対し、生方氏は「不公平だというのが率直な意見だ。一部地域にしわ寄せがくるのは避けなければならない」と理解を示した。

 上限料金制は上限を軽自動車千円、普通車2千円と定めているが、本州四国連絡道路だけはフェリーなどに配慮し軽自動車2千円、普通車3千円としている。

【関連記事】
「配慮してもらった」 高速道の新料金、宇高フェリー会社は評価
GWの高速道渋滞予測 旅は忍耐…10キロ以上444回
無料化“公約”どこ? 高速道路、新料金制度のポイント
本四は普通車3千円 6月開始の高速料金上限制で
お得? それもと負担増? 高速新料金でどうなる

<ノリタケ>子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に(毎日新聞)
ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
遺言書作成、若年層も 20・30代が亡き後案じ一筆(河北新報)
<舛添新党>23日の旗揚げ 改革クラブの党名を変更(毎日新聞)
市長不信任案を否決=阿久根市議会−鹿児島(時事通信)
posted by タージー at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

モノクロで「森」表現(産経新聞)

 デジタル写真が全盛の現代に、大型カメラとモノクロフィルムで作品を制作するという、独自の世界を構築している写真家の志鎌(しかま)猛さん(61)の写真展「うつろい」が、16日から港区南麻布の古美術の老舗「小西大閑堂」で始まる。22日まで。

 志鎌さんはこれまで、日本各地の森をテーマに撮影し、アメリカ、フランス、デンマークの写真美術館に作品が収蔵されている。

 今回の作品の特徴は、19世紀初頭に発明された古典的写真技法のプラチナプリントで仕上げたこと。

 新潟県の飯豊山系のブナの原生林など、森とハスなどを中心にプラチナプリント仕上げの写真18点と、雁皮紙(がんぴし)にプリントし掛け軸に仕立てた作品が2点展示される。

 問い合わせはTEL03・3446・8228。無料。

元最高裁判事の理事長、借用1500万を返済(読売新聞)
【from Editor】懐かしい上坂先生の一喝(産経新聞)
病院で息子が母親と無理心中図る? 親子が死傷 福生(産経新聞)
仕分け対象の独立行政法人と事業(1)(産経新聞)
築地市場の現在地再整備を検討、都が新組織(読売新聞)
posted by タージー at 03:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。