2010年03月19日

日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾−監視委(時事通信)

 東証1部上場だったシステム開発会社「ニイウスコー」(東京都中央区)=民事再生手続き中=の粉飾決算事件で、関係先として強制調査を受けた日本アイ・ビー・エム(同)が粉飾決算の手口の一つとされる「循環取引」に関与していたことが19日、捜査関係者の話で分かった。
 監視委は同日、2005年6月期の売上高を約145億円水増しした有価証券報告書を提出したなどとして、金融商品取引法(旧証券取引法)違反容疑で、ニイウスコーの元会長末貞郁夫(62)、元副会長大村紘一(68)両容疑者を横浜地検に告発した。
 監視委や関係者によると、日本IBMは、帳簿上だけで売買を繰り返す循環取引への協力をニイウスコー側から依頼され、応諾。日本IBMが関与した循環取引で、ニイウスコーの同期の売上高が少なくとも約24億円水増しされていたという。
 監視委が今月4日、日本IBM本社を家宅捜索した結果、同社の関与が判明。告発容疑に同額分を上乗せした。 

衆参4月補選はなし=民主・小林氏の進退先送り(時事通信)
<伊方原発>弁に異常 30日予定の通常運転再開に影響なし(毎日新聞)
<能古島切断遺体>尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体−堤防沿いの県道・名古屋(時事通信)
posted by タージー at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市長名で当選礼状「公選法に抵触するか知らず」 和歌山・橋本(産経新聞)

 14日投開票された和歌山県橋本市長選で再選された木下善之市長(74)の陣営が、推薦団体や支援を受けた市議ら約450人に当選礼状を郵送していたことがわかり、市選管は18日、関係者を呼び「公職選挙法に抵触する可能性がある」として注意した。

 礼状は、「皆様方のご推薦を賜り無事当選させていただきました」などと書かれ、木下氏の名前も印刷されている。

 公選法は実筆を除き、当選あいさつなどの文書配布を禁じている。木下氏の後援会事務所は「公選法に抵触するかは知らなかった。今後注意したい」と陳謝。木下氏は「事務所が出したもので、私は知らない」としている。

【関連記事】
大阪1区で落選した元NHKディレクター、公選法違反認める
公選法違反の武山百合子元衆院議員に有罪判決 さいたま地裁
公選法違反の武山元議員に1年6月求刑 さいたま地裁 
出直し選10日後にまた告示 和歌山・白浜町長選、同じ顔ぶれが出馬
「選挙は逮捕覚悟」 裏金の7割は幹部の飲み代 北教組元組合員

<北海道8区>佐藤健治被告、5年間立候補禁止が確定(毎日新聞)
<掘り出しニュース>食べてもおいしい「キャベコン」登場(毎日新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台(毎日新聞)
グループホームの防火体制点検を―厚労省(医療介護CBニュース)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
posted by タージー at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。